JUGEMテーマ:生活情報

 

(文責:河野)

 

 先日、大津市で開かれた「食品衛生責任者講習」を受講してきました。
 食品衛生責任者とは、飲食業や食品加工業など、食品の衛生管理が求められる事業を行う場合に必要となる資格です。
 といっても、取得は簡単で、各都道府県に設置されている「食品衛生協会」が月一回開催している講習会を受講するだけで、修了証と「食品衛生管理者」のプレートがもらえる、というものです。受講資格も特になく、現に飲食業、食品加工業に携わっていなくても、営業予定があるとか、これから考えたいという場合でも問題なく受講することができます。

 

 今年4月に申し込み、5月中に講習会に参加する予定だったのですが、新型コロナで緊急事態宣言が発出されたため延期となり、8月6日になりました。ちなみに受講料は滋賀県の場合1万200円で、テキストと掲示プレート、そして昼食代が含まれています。

 受講内容は、(1)食品衛生に関する法規と衛生管理、(2)食中毒について そして(3)施設、設備の衛生管理の大きく分けて3本柱で、いずれも実践的で毎日の食生活や衛生管理にも役立つ内容でした。その中から興味深かったことを少し、お分かちしたいと思います。

 

 

 まず、食の安全については、食品を提供する側もさることながら、消費者の役割が非常に大きいということです。例えば食品を購入する際、価格と分量、賞味期限ぐらいしか見ないということがありがちですが、「食品表示法」で定められた食品表示では、原材料、添加物、消費期限、内容量、製造者を表示することが義務付けられており、とくに原材料は重量の多い順に表示されるので重要です。たとえば同じ「いちごジャム」でも、最初に「いちご」が表示されているものと、最初に「糖類」が表示されているものでは、値段も違うかわりに質も違う、というわけです。

 

 生鮮食品と加工食品の境界線はとても難しく、たとえばマグロは生鮮食料品、それを「サク」にしても、切り分けて「刺身」にしても生鮮食品に分類されますが、鯛やハマチと盛り合わせにすると、加工食品になる、ということで業者泣かせとなっている、ということです。

 

 また、食中毒の予防が非常に重視されていますが、食中毒といえば「夏の暑い時期に発生するもの」という印象があります。しかし実際には、昨年度の場合1月から3月が非常に多く、これはノロウイルスがインフルエンザウイルスと同様に寒くて乾燥した時期に増殖しやすいためだということです。

 

 

 ちなみに、ノロウイルスは牡蠣など魚介類から感染るというイメージがありますが、実はヒトの腸内で増殖するヒト由来のウイルスで、魚介類を介して感染するのは、下水処理場から放流された処理水に含まれるノロウイルスが、沿岸に生息する魚介類の腸管に蓄積してしまうからだそうです。
 食品を取り扱うヒトからヒトへの感染がもっとも多く、トイレに行ったあとにしっかり手を洗うという基本がやはりとても重要ということでした。

 

 施設、設備については消毒をしっかりすること。ノロウイルスにはアルコール消毒がきかないため、次亜塩素酸ナトリウム(キッチンハイターとして市販されています)水溶液でしっかりと消毒することをすすめられました。

 

 ところで、食品衛生法は平成30年に大改正が行われ、令和3年6月から施行されるそうです。営業施設の基準はこれまで、各都道府県が条例で定めていましたが、国が統一した基準を法律で定めることになったことと、食品にも自主回収報告制度(リコール届出の義務化)ができたことが、大きなポイントになっているということです。

 

店名バナー

 

JUGEMテーマ:手作り石けん

(文責:堀内)

 

 高温多湿で気温が30度を超える状況だと石けんの制作にはあまり適しませんので、気温に左右されやすいコールドプロセスタイプの製造はせず、塩析タイプの制作をしています。写真は「犀(もくせい)」などの原料である石けん粉、一袋が500gありますが、ここまでにするには何度も精製を繰り返す必要があります。

 

 

 石けん袋は月末に当舎と交流のある20代の方にお渡しするもので、原料も彼女が提供しましたので、当舎で用いる石けんは現在乾燥の最中(写真下)です。

 

 

 廃石けんなどを原料に舎内で用いている粉石けんは40%程度の洗浄補助剤や少量の蛍光剤を配合していますが、この石けんは100%石けん分です。湿気やすいので真空パックで保管しています。

 

 

 先にご紹介した液体せっけんですが、その後も実験を続け、現在はボトル1本分ほどの試作品があります。ほか、2リットルほどを試用品として小分けしました。写真のボトルは様々な製法のものを一まとめにしたものですが、完成したら販売サイトでもご提供できると思います。

 

 

 

 

 

 この写真は先の島原旅行の際に島原半島から撮影した線状降水帯、ちょうど天草諸島の上空にあり、見ての通り発達した積乱雲が数珠状に連なり、右から左に移動して集中降雨をもたらしています。見るだに恐ろしげな光景です。

 

 

 最後は前回ご紹介したハム、豚肉は60〜70%の水分を含みますが、燻製を一週間続けて50%まで落とします。塩分は2%から3%弱に、中心部が60℃30分間になるように湯煎して仕上げましたが、しっかりとした味わいで、私はサンドイッチやブリトー、サラダなどに用いています。

 

 味付けは本には様々な香辛料、野菜を用いた例がありますが、今回はシンプルにゲランド塩と微量の胡椒、セージで味付けました。

 

店名バナー

 

JUGEMテーマ:手作り石けん

 

(文責:堀内)

 

 GoToキャンペーンが始まりましたが、同時期に感染もぶり返し、観光業にとっては初から腰を折られたようになっていますが、当舎でも5〜6月まで行っていた手洗い石けんの配布を再開することにしました。

 

 とはいうものの、もう少し後でと思っていただけに、そもそも配布用の石けんをあまり用意していません。前回は新造したばかりの「もくせいバード」を配りましたが、現在の在庫は心もとない状態です。

 

 

 本来のもくせいバードはオリーブ油72%の純然たる無添加のマルセイユ石けんで、ドイツのゾルザイフェ技法を駆使することでマルセイユにはない硬さと持ちの良さを実現した高質な石けんです。ですが、ない袖は振れないので、配布用はバード以外の石けんからも選ぶことにしました。

 

 

 旧サボン・クラシコ(現カスティール)系の石けんは関連する書籍のほとんどが植物性推しのため商品性はイマイチの石けんですが、動物性油脂を中心とした石けんは使いやすく、保存性も良いものです。耐久性も高いため、1〜2年前の在庫を中心に、各々4〜5個ずつ残っているものを順次配布していこうと思います。この石けんは安定していますが熟成が遅いため、1年以上経った石けんの方がむしろ使い勝手が良いこともあります。

 

 あと、比較的数のあるもくせいX系の石けんも配布対象に加えます。これは塩析法の石けんを煮溶かして型入れした製品で、現行のラインナップにはない技法です。塩析石けんですが製法の特徴で同じ系統の犀や釜炊きオリーブよりも丈夫で、これも手洗い向きの石けんです。

 

 もくせい舎の石けんはどれも化学製品不使用(無添加)です。また、配布の際にはこちらも試用してからお渡ししますので、安心してお使いいただけます。

 

 配布をいつまで続けるかは特に決めていませんが、とりあえず流行の間は通常の注文とは別に購入額に関わりなく、一注文につき1個の割合で配布します。

 

<もくせい舎の購入特典>

(コロナ期間中は)一注文につき当舎石けん1個をサービス

(千円以上お買い上げの場合)おじゃるシャンプー1個または振込手数料相当額をサービス

 

店名バナー

 

JUGEMテーマ:手作り石けん

 

(文責:河野)

 

 もくせい舎では、常に在庫のある主力商品として、主にオリーブオイルを使った「デクレット」「もくせいバード」「釜炊きオリーブ石けん」「おじゃるシャンプー」と、ごま油などを使った「佐和山」、そして便利に使える実用石けんを数種類用意しています。
 そのほか、数量限定で、グレープシードオイル、スイートアーモンドオイル、ひまし油、米油、キャノーラ油などさまざまな油脂を使った石けんを製作しています。
 そんな特製の「スペシャリティソープ」のウェブページを、もくせい舎のサイトに開設しました。

(画像をクリックするとページが開きます)

 

 

 乾燥する季節、紫外線で傷みやすい季節など、お肌はシーズンによって状態が変わります。また、体調やライフスタイル、体質や好みなどによっても、人それぞれに合う石けんは変わってきます。
 そんなニーズや、ときに気分を変えたいという思いにも応えたいと、季節に合わせて作っている石けんです。

 

今の「あなた」にぴったりの石けんを、見つけてみてください。

 

店名バナー

JUGEMテーマ:生活情報

 

(文責:堀内)

 

 今年から販売を始め、好評を博している「もくせいチーズ(オリジナル)」ですが、今月から燻煙を抑えた「白焼き」の販売を始めています。燻煙を抑えたといっても時間自体はオリジナルより長く(72時間)、軽い薫香を楽しむと同時にサラダなど食材利用も考慮に入れた商品です。

 

 

 原材料のプロセスチーズは複数のナチュラルチーズを混ぜ合わせて加熱して作るものですが、製法の問題で水分をより多く含んでいます。燻製により水分を40%(オリジナル)、35%(白焼き)まで抜くため、水っぽさがなく、味わいもより濃いものになっています。処理も違い、オリジナルは表面にニンニクを塗布して香りを出していますが、白焼きは何も塗っていません。チーズ自体の濃厚な味を味わうための商品です。

 

 

 写真は試作したイングリッシュマフィンですが、このハムも自家製で、同じ燻製器で作ったものです(非売品)。普通は「とろけるチーズ」など専用品を除いては、溶けにくく水っぽいプロセスチーズをパンに挟もうとは思いませんが、水分の良く抜けたチーズは切りやすく、薄切りにして温めたパンに挟みます。

 

 

 プロセスチーズ自体は製造の時点で変性しているため、加熱しても溶けるということはありませんが、柔らかくはなり、サンドイッチとしても食べやすいものです。ナチュラルチーズとの違いは脂質が少ないことで、脂肪の当量はナチュラルチーズの約7割、脂肪自体の性質も違い、リノール酸など多価不飽和脂肪酸も半分なので、焼いても油が垂れません。少量でも通常のプロセスチーズよりずっと濃い味わいです。

 

 ピザやタコスなどナチュラルチーズに混ぜて使うほか、サラダやサンドイッチ、おろしてスパゲッティのパルメザンチーズの代わりなどありますが、もちろん薄切りにしてオリジナルとは異なる味わいの酒肴としても楽しめます。

 

 白焼きは低温でじっくり燻製するため製造時間がオリジナルよりも長く、納期は2〜3日遅れます。もくせい舎のくんせいチーズは特注品で、入金を確認してから材料を購入し、二個一組で作るため、奇数番の注文で余りが一個出る以外は作り置きはしません。

 

店名バナー

JUGEMテーマ:手作り石けん

 

(文責:河野)

 

 ぶどうの栽培の歴史は大変古く、紀元前3000年ごろにまでさかのぼると言われています。聖書でも「創世記」の中で、ノアの箱舟で有名なノアの洪水後の物語でぶどう酒が登場します。果実を食べたり、干しぶどうにしたりもしたでしょうが、やはりぶどうといえばワインの醸造が主な使われ方ではないでしょうか。

 


 ぶどうの果皮には天然の酵母菌が付いていることから、ぶどうを皮ごと潰して置いておけば、果汁に含まれる糖が酵母菌によってアルコールと二酸化炭素に分解され、発酵してぶどう酒になるのです。とても簡単に醸造できるお酒です。
 以前、物好きの友人が、庭で育てたぶどうから作ったワインを飲ませてくれたことがありました。正直、うすいぶどうジュースという感じであまり美味しくはなかったのですが、つぶしたぶどうを瓶に入れたままにしておいたら破裂してしまった、という失敗もあったそうです。発酵によって出る二酸化炭素の威力です。


 聖書には「新しいぶどう酒は新しい皮袋に入れるべき」という一節がありますが、これは、発酵によって発生する二酸化炭素のために、皮袋が膨張することをさしています。古い皮袋はすでに膨張しきっているために、伸びしろがなく破裂してしまうので、まだ新しく発酵が続いているぶどう酒は、よく伸びる新しい皮袋に入れなければならない、ということです。

 

 このように、ぶどうの果実は古くからワインの醸造に用いられてきました。また、その副産物として、取り除かれたぶどうの種をしぼって油が作られました。これがグレープシード油で、ドレッシングやマヨネーズの油として使われたり、アロマテラピーのキャリアオイルとして用いられるなどしてきました。リノール酸を豊富に含んでいるため、石けんの素材としても優れています。

 

 

 もくせい舎では、そんなぶどうの種からとれるグレープシード油を主材料とした「ぶどうの石けん」を数量限定で制作しています。ポリフェノールの一種で植物の赤や青、紫の色素であるアントシアニンを豊富に含むぶどう果実の抽出エキスを配合していますが、アントシアニンはアルカリ性と反応すると青に、酸性と反応すると赤に変色します。「ぶとうの石けん」が茶色味を帯びているのは、ぶどうエキスの色が変化したことによるものです。
 自然のめぐみをあますことなく生かした、やさしい泡立ちの石けんです。

 

店名バナー

 

 

JUGEMテーマ:手作り石けん

 

(文責:堀内)

 

 GoToキャンペーンが始まりますが、旅の楽しみに温泉があります。今のホテルは浴衣からタオル、ボディシャンプーを完備している例が多いのですが、タオルはともかくボディシャンプーについては質に不満の向きもあると思います。合成洗剤をベースに種々の香料を加えた製品はどれもあまり違わず、こだわっている所でも資生堂やノエビアの製品を使うくらいで、仕入れる側も実際の使用感についてはあまり考えていないのではないでしょうか。馬油入りなどもありますが、実のところ1%も入っていません。

 

 

 「もくせいバード」は元々当舎のボトムレンジを担当していたカノラエルの後継商品として開発されましたが、カノラエル同様、製造に手抜きはない石けんです。ベースをオーセンティックなマルセイユ石けんとし、ゾルザイフェ製法を用いて使い心地と溶けにくさを両立しています。エッセンシャルオイルは添加せず、石けん分93%以上と常温長期間の保管にも適しています。

 

某ボディシャンプーの成分例

 

 城巡りなどで何度もホテルに投宿していると、用いる石けんは複雑な処方ではなく、シンプルな材料で効果的な組成の方が良いという考えになります。バードは見た目こそ市販の石けんに良く似た、白色の少し硬い石けんですが、オリーブ油72%の純然たるコールドプロセスの石けんです。

 

 製造に塩分を用いることから、バードではフランスの銘塩ゲランド塩を製造に用いています。純せっけん的にはミネラルを含まないイオン交換膜法の方が優れているのですが、大西洋の海水をそのまま天日製塩した塩は海の成分がそのまま濃縮されています。さらに鉱物成分の多い温泉での使用を考えてキレート剤としてのショ糖を配合しています。

 

 

 バードの上位版としてはデクレットがあります。希少なローレルオイルを用い、モロッコ産のガズールクレイとエッセンシャルオイルに肌に良いヘーゼルナッツオイルを添加した全植物性の石けんです。

 

店名バナー

 

JUGEMテーマ:手作り石けん

 

(文責:堀内)

 

 もくせい舎では浴用のほか、「実用石けん」としていくつかの石けんをラインナップしていますが、全て固形で液体は「おじゃるサポーター8」のほかはなかったと思います。これは8倍濃縮のカリウム石けんで、希釈して十分な効果がありますが、原材料の都合上、製造コストが高価で、また、希釈して使うという特徴から液体洗剤に慣れた人には使いにくく割高に感じる欠点がありました。

 

 市販の合成洗剤は100〜200円くらいの価格で300〜600mlを買うことができます。「サポーター」は8倍に薄めても640mlで、性状もサラサラしており、実際の効果はともかく、あまり効果ありそうに見えない。石けんの洗浄力や環境浄化性は合成洗剤よりも優れている点が多いのですが、根本的に高コストという点は解決策を考える必要がありました。つい先日実家を訪ねた折にヒントを思いつき、帰宅して実験してみることにしました。

 

 

 写真は当舎の廃油石けんで、廃油をけん化させて作るものです。社会福祉協議会の講習やバザーなどで見る品と同じですが、通常の石けんより使用する水分量が少なく、アルカリも過けん化なので浴用には全く適しません。製法については「びわ湖石けん」と大きくは違わないと思いますし、能力もたぶん同程度でしょう。少数は販売しましたが、在庫品が3個残っています。そのうち一個を拝借してデンプンを加え、3日掛けて5倍に希釈します。

 

 

 そのままだと希釈しても石けんが濁ってしまい、灰汁が多く濁った上の石けん液のようになりますが、これでは使い物になりません。生活改善の手法ではデンプンを加えますが、これは灰汁については諦め、石けん分の比率を下げてゼリー化、ゲル化することが狙いです。ですがそれも少し使いにくい。で、目に留まったのが河野が買ってきた下のキャンディ。

 

 

 

 そこで思いついたのですが、まずい所で母親が「おまえは物を簡単に教えすぎる」と横槍が、教えた所でそれ以上の方法を考えれば良いだけなのですが、「教えるなら金を取ってからにしろ」と言われ、今回はやめることにしました。それはさておき作ったのが下の石けん。

 

 

 

 見た所透明で狙い通りの出来で、原料が廃油であることを考えるとコストは安く、2個の廃油石けんから1.3リットルの石けん液ができ、粘度もあり、石けん分は15%であることから希釈して使う必要もありません。成分の内容から抗菌性もあるはずです。あとはこの状態をいつまで維持できるかですが。サポーターの場合は年単位で品質を保全できますが、こちらは持たないかもしれない。しばらく自宅で使って様子を見ましょう。

 

店名バナー

 

 

 

JUGEMテーマ:生活情報

(文責:河野)

 

 もくせい舎の手作り石けんは、浴用、洗顔だけでなく「洗濯」にも使えます。といっても洗濯機で一度に洗う洗濯には使えませんが、威力を発揮するのは「部分洗い」です。

 

 

 例えば、写真のシャツ。パックの納豆に入っているタレの袋を開けるとき、よくこんなふうに、タレが飛び散ってシミになってしまうことがありませんか? これを、固形の手作り石けんで洗ってみましょう。

 

 

 今回使ったのは、もくせい舎の「もくせいバード」です。石けんが溶けやすいように少し湿らせ、シャツの、シミがついた部分にこすりつけて石けん分を塗りつけます。

 

 

 そして、そのまま洗濯機に放り込み、他のものと一緒に、通常通りに洗濯します。

 

 すると、この通り。シミのあとが残らず、きれいに洗い上がりました。

 

 

 

 今回は、飛び散ったタレをそのまま洗い流しましたが、例えばドレッシングなど油物のシミがつき、とりあえずその場でお手拭きなどを使って水拭きしても残ってしまったシミも、あまり日を置かずにこの方法で洗濯するときれいに取れることが多いです。

 

 お気に入りのお洋服にシミをつけてしまったら、ショックですよね。家庭で洗濯できる綿素材のものなど、ぜひこの方法をお試しください!

 

店名バナー

JUGEMテーマ:手作り石けん

 

(文責:堀内)

 

 

 新型コロナウイルスの蔓延があったことから、もくせい舎では5月から6月末まで、お買い上げの方全員に価格に関わりなく、当舎の新型石けん「もくせいバード」を添付するサービスを続けてきましたが、期間終了につきサービスは一旦終了し、商品価格の見直しを行いたいと思います。

 

今回価格改定する商品は以下の通り。

 

   タヒチ・バー         400円→340円
   メントール・バー     400円→320円
   ぶどうの石けん        400円→320円
   もくせいバード        270円→230円
   サンシャインバー     400円→470円(値上げ)

   もくせい「犀」        300〜320円→全品300円

 

 

 あと、燻製品のもくせいチーズにつきましては新たに「白焼き」チーズを加え、単品での販売ができるようにしました。

 

 もくせいチーズ(オリジナル、白焼き)  750円
 同(石けん付き)                        930円

 

 「白焼き」チーズはオリジナルの2倍の時間を掛けて冷燻した商品で、オリジナルよりも含水量が少なく(40%→30%)濃厚な味わいのチーズです。クセが少ないので、おつまみのほか、サラダなど食材としても利用できます。

 

 コロナ禍も小康状態にありますが、東京で感染者の増加があり、第2波の流行が懸念されています。市況を見ると先の給付金の影響で、収入の減少に対し物価が上昇するスタグフレーションの気配もあります。適正な価格の設定は当舎としても頭の痛い所ですが、ここは原価をもう一度見直すこととし、値下げできる商品は値下げすることにしました。ですが、サンシャインバーなど元々原価率が通常よりかなり高く、価格を低めに設定していた商品は値上げすることとし、適正な価格のバランスを追求しています。

 

店名バナー


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM