「もくせい舎」では浴用、洗顔、シャンプー、そして台所用の石けんを制作していますが、とりわけ洗顔は美容と深く関わっています。とはいえ、もともと美容やコスメに疎く、百貨店の化粧品売り場で美容部員にあれこれ買わされるのが嫌だった私は、もっぱら通販メインの化粧品を愛用してきました。

 その通販コスメで覚えたのがダブル洗顔。まず「クレンジング」を使ってメイクを落とし、次に「洗顔料」で顔を洗うという方式です。

 ところが手作り石けんを使い始めて、この「ダブル洗顔方式」をやめてみたところ、何の問題もない、それどころか、この方が良いことがわかってきました。

 

 そんな折、タイトルにひかれて手に取ったのが、美容家・佐伯チズさんの著書『頼るな化粧品! 顔を洗うのをやめなさい!』です。

 

頼るな化粧品 この中で佐伯さんは、そもそも化粧品がなぜ必要なのか、なぜ化粧水をつけるのかを考えず、美容部員にすすめられるまま使っている、と指摘。トラブル対処やシミ隠しではなく「美肌」をつくるのが本来の美容の果たすべき役割だと説いています。

 その一つが「顔を洗うのをやめなさい!」という提言です。佐伯さんが身を置いていたフランスの化粧品メーカーでは「クレンジングこそスキンケアの命」で、そもそも石けんで顔を洗うという認識はなく、クレンジングで顔の汚れを落とすだけ。そこで佐伯さんも、ずっと「クレンジングでメイク落とし」→「そのあと水で素洗い」という方式の洗顔を続けてきたそうです。

 

 なぜ「ダブル洗顔」をやめた方がいいのか。それは、2回の洗顔は「洗いすぎる」という一点につきます。人間の皮膚は皮膚バリア機能を持っており、天然の保湿クリームともいわれる皮脂膜によって守られています。皮脂膜とはわかりやすくいえば、皮膚から出る「脂」と「汗」です。

 クレンジングも洗顔料も、この皮膚の油と汗を「洗い流す」もの。界面活性剤によって、水と油を混じり合わせることにより、水だけではとれない脂もきれいに取り去ります。ところがメイクだけでなく皮膚バリア機能のために必要な皮脂膜まで取り去ってしまうため肌が乾燥し、様々なトラブルの原因を作ってしまうことになります。


  「もくせい舎」では、手作り石けん「だけ」の洗顔をオススメしていますが、その理由もこれと同じ。洗いすぎをやめることに加え、天然素材の石けんを使うことで、お肌が自然にイキイキしてきます。何より、とても気持ちよく洗浄力も保湿感もある泡なので、「これで十分」と思えるのも大きな理由です。

 

 ところで、佐伯さんは著書の中で、美肌のためには日光を避けるべき、だから海水浴もスキーもおやめなさい、とすすめていましたが、それってどうでしょう? 美肌のために人生の楽しい時間を捨てられるでしょうか? 化粧品は、そんな時でも肌を守るためにこそあるものではないでしょうか。

 

店名バナー

 
 

代表:こんにちは。「もくせい舎」代表の河野です。

 

物販:物販担当の堀内です。

 

代表:このたびブログを新設することになりましたが、その狙いはどこにあるのでしょう?

 

物販:「もくせい舎」ネットショップ(カラーミーショップ)のアクセス数が伸び悩んでいるんです。代表がツイッターやフェイスブックで宣伝していますが、どうも効果なく頭打ちで…。

 

店名ロゴ

 

代表:そうですね、1日10アクセスもあれば万々歳、という状況です。打開策としてハンドメイド通販サイト「Creema(クリーマ)」にも出店しましたが、そちらは10倍のアクセスがありました。「クリーマ」は雑貨石鹸のカテゴリーがあり、いろいろな手作り石鹸を試している方も多いようです。しかし、検索して探すほどには、その良さが知られていないということもありますね。

 

物販:このネットショップは「クリーマ」より品数が多く、手数料がかからないので価格も安くでき、配送料もたくさん買っていただいた場合は安くなるようにしているんですけどね。ただ、アクセス数の割に購買率は高いです。

 

代表: 現状では購入するためにアクセスするサイトになっていますね。そうではなく、商品の魅力、作り手である「もくせい舎」自体の個性を伝えていかないといけません。それでネットショップにも関心を持ってもらう。

 

物販: 元々「もくせい舎」は私と代表が始めた文芸サークルで、城めぐりをしたり、映画の講評(http://www.muddy-walkers.com/MOVIE/index.html)をしたりする集まりでした。私も行政書士で手を動かすより書く方が本職です。

 

 

二本松城

 

 

代表: 私も長年、放送関係のライターとして仕事をしています。

 

物販: だから話題を石けんに限ることはないわけです。石けんはブログで書いていたのですが、同じ話題ばかりだと書く方もストレスが溜まります。

 

代表: ちょっと無理があったみたいですね。私としては色々勉強になりました。でも、もっと話題を広げて、「もくせい舎」の現在と目指すものを、様々な角度から伝えるブログにしていきたいですね。

 

物販: よろしくおねがいします。

 

代表の一言

 こうしてブログの新設に至った次第です。更新は毎週2回、私と物販さんが交互にエッセイを投稿します。時折このような対談を交え、当舎で購入された方や読者のみなさまの疑問やご要望も取り入れつつ、様々な話題を取り上げ、より良いサイトへ改善していきたいと思います。よろしくお付き合いください。

 


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM